きな粉の効能

きな粉img きな粉の原料となる大豆は、「畑の肉」と呼ばれ、 良質なたんぱく質が含まれています。 近年、大豆に含まれるイソフラボンが生活習慣病の予防に役立つと注目されています。

大豆イソフラボンとは?

イソフラボンとは、大豆などのマメ科の植物に多く含まれる化合物です。 その構造が女性ホルモンのエストロゲンに似ているため、 女性ホルモンの代わりとして作用することで、様々な効能をもたらすことが知られています。

イソフラボンのいいところ① がん予防

イソフラボンは、ガン細胞が増殖する際に作り出される新生血管の形成を抑制する効果があり、ガン細胞の増殖が抑えられるとされています。 また、女性ホルモンの異常が引き金となる乳ガンの予防にも役立ちます。

イソフラボンのいいところ② 骨を丈夫に!骨粗鬆症の予防

女性ホルモンのエストロゲンは、体内のカルシウムをコントロールする物質の1つです。 イソフラボンはこのエストロゲンと同様の作用があり、骨からカルシウムが過剰に溶け出すことを防ぎ、骨の形成を促進します。
骨の量が減って骨折しやすくなる骨粗鬆症は、女性に多い病気です。 その原因の1つに閉経後の女性ホルモンの低下があります。 イソフラボンが低下した女性ホルモンの代わりとして働き、骨粗鬆症を防ぎます。

イソフラボンのいいところ③ 更年期障害の抑制

更年期障害も、女性ホルモンの不足が原因です。 女性ホルモンの代わりとして作用するイソフラボンの働きにより、ほてりやのぼせなどの 更年期障害を緩和するということが分かってきました。

イソフラボンのいいところ④ 動脈硬化・脳卒中の予防

動脈硬化や脳卒中などの血管系の病気は、血中の悪玉コレステロールの増加により促されます。 イソフラボンは、悪玉コレステロールを減らし、血管を広げる作用があるため、 動脈硬化や脳卒中を防ぐ効果があるとされています。

会社情報

  • 会社概要
  • 沿革
  • 研究開発
  • 採用情報
  • アクセス
  • ふるさと納税総合サイトふるさとチョイス
  • ウェブで簡単ふるさと納税さとふる
  • 今日も明日ももち麦生活
  • みたけではじめるグルテンフリー
  • もち麦パウダーを使ったクッキングレシピ
  • 埼玉県大麦プロジェクト
  • lab.mitake
  • FOODACTIONNIPPON
  • 農林水産省
  • KOMEKO.NET
  • レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド
  • 燻製麦ぬか床Q&A
  • みたけサンバ

2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

 ■…休業日
 お問い合わせへの対応、商品の
 発送をお休みとさせていただい
 ております。

△ページトップへ