ごまの効能

ごまimg ごまの種類は一般的に白ごま・黒ごま・金ごまとありますが、 その栄養成分は、白ごまの油脂がやや多いという他は大差ありません。 胡麻の栄養成分の約50%は脂質、次いでタンパク質、糖質となっています。 また、カルシウム、ビタミンB1、B2などが米や小麦に比べ多いのが特徴です。

コレステロールの正常化

胡麻の油には、不飽和脂肪酸のリノール酸・オレイン酸が含まれています。
リノール酸は、必須脂肪酸の一つで、体内では合成されず、食品から摂取しなければなりません。 人間の生体機能調節物質であり、ホルモンの多くはリノール酸から合成されています。 また血液の流れをスムーズにして、血圧を一定に保つ効果もあるといわれています。
オレイン酸は、悪玉コレステロールを抑え、善玉コレステロールを高める働きがあるとされ、 血中コレステロール値や中性脂肪酸値を低下させる働きがあります。

若返り効果!?胡麻のアミノ酸

ごまのタンパク質に含まれる、必須アミノ酸のメチオニンは肝機能を正常に保ち、 血中コレステロールを下げる働きがあります。 また、必須アミノ酸のトリプトファンは、皮膚や毛髪を若々しく保ったり、 精神を安定させたりする働きがあります。

老化防止に効く!?注目成分のゴマリグナン

老化は、病気・怪我とは違い自然な現象ですが、 それには、活性酸素による体内への障害が大きく関わっています。 そこで、活性酸素を弱める働きのある抗酸化物質を摂取することが 老化防止への近道といえます。
抗酸化物質は、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどで知られていますが、 胡麻には、ゴマリグナンという抗酸化物質が含まれています。 最近注目されているのは、肝臓への効果です。 肝臓は加齢や、飲酒などにより肝臓を酷使すると肝臓の抗酸化力の低下を引き起こします。
ゴマリグナンは、肝臓に達するまでその抗酸化力が衰えず、 直接肝臓で効果を発揮することができます。 肝臓が弱まると、アルコールが残りやすい、疲れやすい、風邪を引きやすい、 などの症状が出てきます。
胡麻を上手に取り入れて、健康的な生活に役立たせてみてはどうでしょう!?

ごまの保存方法

ごまは胡麻油が取れるほど、油分が豊富です。保存の際にも、その油分がカギとなります。 油の劣化は酸化といわれ、酸化が進むと特有の酸化臭を発し、風味にも影響を与えてしまいます。
それでは酸化をできるだけ抑えるためにはどうしたらいいのでしょうか。
酸化を促進させてしまう原因は様々ですが、酸素、温度、光などと密接に関係しています。 油脂は酸素と結合し、酸化が進みます。酸素となるべく触れさせないようにすることが大切です。 また、温度が高くなればなるほど酸化は進みやすくなり、直射日光などの光にも影響されます。
開封後は、できるだけ空気を抜いて密封し、温度が低く、光も当たりにくい冷蔵庫等で保存していただき、 できるだけ早めにご使用ください。

会社情報

  • 会社概要
  • 沿革
  • 研究開発
  • 採用情報
  • アクセス
  • ふるさと納税総合サイトふるさとチョイス
  • ウェブで簡単ふるさと納税さとふる
  • 今日も明日ももち麦生活
  • みたけではじめるグルテンフリー
  • もち麦パウダーを使ったクッキングレシピ
  • 埼玉県大麦プロジェクト
  • lab.mitake
  • FOODACTIONNIPPON
  • 農林水産省
  • KOMEKO.NET
  • レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド
  • 燻製麦ぬか床Q&A
  • みたけサンバ

2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

 ■…休業日
 お問い合わせへの対応、商品の
 発送をお休みとさせていただい
 ております。

△ページトップへ