会社情報

機能性大麦βグルカン粉

グルカンimg 長年培ってきた独自の製粉技術を生かして大麦の持つ栄養をそのままに粉体にすることで、さまざまな食品への応用がしやすい「機能性大麦βグルカンリッチ粉」を開発。
厳選されたカナダ産大麦から、通常の2倍以上のβグルカンが得られます。




グルカングラフ0 【βグルカンリッチ粉の特徴】

①豊富な天然の食物繊維(20%)
②機能性成分グルカンが通常大麦の2倍以上の厳選大麦使用
③高い保水力を生かして、天然の品質保持剤、食感改良剤に使用可能
④高い粘調性を生かして、食品や飲料へのトロミづけに使用可能
⑤扱いやすい粉体、小麦粉の代替が可能





【総コレステロール値に及ぼすβグルカンの影響】

グルカングラフ0.5 また、βグルカンは血清コレステロールを低下させる働きがあることが明らかになっています。2006年6月、米国食品医薬品局(FDA)、1食0.75g以上のβグルカンを含む大麦食品に対し、結成コレステロール値を下げ、心筋梗塞(日本での死亡原因の第2位)などのリスク低減に役立つことを認め、食品への健康強調表示が認可されました。





βグルカンリッチ粉で便通改善

水溶性食物繊維、不溶性食物繊維をバランスよく持つβグルカンリッチ粉は腸内環境の改善、腸の働きを活性にすることで便通改善にも役立ちます。
今回、βグルカンリッチ粉の便通改善効果を社内モニタリング試験にて確かめました。

【社内モニタリング試験概要】
社内モニター35名により、14gの焙煎βグルカンリッチ粉(食物繊維量約3g)を1日3回食後に摂取し、便の状況をアンケート形式により調べました。 摂取は2週間行い、摂取前の1週間、摂取後の1週間も同様に便通の評価を行いました。

グルカングラフ1



1週間ごとの便の平均回数を比較しました。βグルカンリッチ粉を摂取することで排便回数が有意に増加しました。

グルカングラフ2



便の量を、多い【-3点】、普通【-2点】、少ない【-1点】として点数化し、1週間ごとの平均点の比較を行いました。
βグルカンリッチ粉の摂取により、便の回数だけではなく、便の量も有意に増加しました。

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求はこちらよりお願いいたします。

会社情報

  • 会社概要
  • 沿革
  • 研究開発
  • 採用情報
  • アクセス
  • ふるさと納税総合サイトふるさとチョイス
  • ウェブで簡単ふるさと納税さとふる
  • 今日も明日ももち麦生活
  • みたけではじめるグルテンフリー
  • もち麦パウダーを使ったクッキングレシピ
  • 埼玉県大麦プロジェクト
  • lab.mitake
  • FOODACTIONNIPPON
  • 農林水産省
  • KOMEKO.NET
  • レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド
  • 燻製麦ぬか床Q&A
  • みたけサンバ

2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

 ■…休業日
 お問い合わせへの対応、商品の
 発送をお休みとさせていただい
 ております。

△ページトップへ