今日も明日も、もち麦生活




大麦β-グルカンとは?


 大麦β-グルカンは
グルコースが多数結合してできた高分子多糖類です。

β-グルカンは大麦の他に各種の穀物、
キノコ類、酵母に含まれていますが、
それぞれ構造が異なり、健康機能も異なります。


 大麦に含まれるβ-グルカンは
「おなかの環境を整える」
「糖の吸収を抑え、血糖値の上昇を穏やかにする」
「血中のコレステロールを低下させる」
3つのチカラがあります。



大麦β-グルカン3つのチカラ



 

―おなかの環境を整える!―

大麦β-グルカン3つのチカラ
わたしたちの腸内には非常に多くの腸内細菌が生育していて、
この腸内細菌のバランスと健康は密接に関係しています。

大麦βグルカンにはプレバイオティクスと言って、
腸内の善玉菌を増殖・活性化する効果があります。
小腸で分解・吸収されなかった大麦βグルカンは
大腸でビフィズス菌などの善玉菌の栄養になり、
短鎖脂肪酸を産生して排便を促進することが知られています。

短鎖脂肪酸は大腸や消化管の動きを活発する働きや、
ミネラルの吸収を促進すること、
糖や脂質の代謝を調節する働きがあります。

以上のことから、
便秘解消などの整腸作用が期待できるというわけです。

   大麦β-グルカン3つのチカラ



―血糖値の上昇を穏やかに!―

大麦β-グルカン3つのチカラ
大麦βグルカンは水を含むとゼリー状になるため、
糖質などを包み込んで吸収を穏やかします。
すると血糖値は緩やかに上昇していきます。

さらに大麦βグルカンのすごいところは
次の食事までその効果が持続されることです。
これをセカンドミール効果といいます。

これらの理由から、大麦βグルカンは糖尿病など
血糖の病気予防につながると考えられています。

    セカンドミール効果


なんで血糖値が急に上がるとだめなの?
食事を摂取すると
その糖を取り込もうとインスリンが分泌されます。
インスリンは血糖値が上昇すると膵臓から分泌され、
血液中の糖を全身の細胞へ運ぶ働きがあります。

しかし急激に血糖値が上がると
インスリンがたくさん分泌されてしまい、
この状態が繰り返されると
インスリンが効きにくくなるため
糖が血液に常にたくさんある状態(高血糖)になります。

高血糖が続くと血管や神経に
ダメージを与えてしまいます。

これらのことから
急な血糖値の上昇は好ましくないとされています。



―血中コレステロールを正常にする!―

大麦β-グルカン3つのチカラ
健康診断で「血中コレステロールが高い!」
という結果が来たことはありませんか?
大麦βグルカンは性別やライフサイクル問わず、
LDL(悪玉)コレステロールが高めの方に対し、
血中コレステロールを下げる効果が確認されています。

 コレステロールは全身の血管をつたって
細胞膜やホルモンの原料になります。
しかしそれが多すぎるとドロドロとした血液になってしまい、
動脈硬化や心筋梗塞の原因になる恐れがあります。

このコレステロールですが、
からだにあるほとんどは肝臓でつくられたもので、
小腸で再吸収されリサイクルしています。

βグルカンはこの再吸収を抑えて、
コレステロールを体外に出す働きと
コレステロールの合成を妨げる働きがあるため、
LDL(悪玉)コレステロールを下げることができるのです。



β-グルカン量別レシピへ    商品別レシピへ